超簡単!中高年の「加齢臭」予防

2018年10月22日 オフ 投稿者: Yufujima

「あれっ?近頃、なんだかクサいかも・・・」
「昔はこんな臭いはしなかったのに・・・」
「枕からおじさんのニオイがする」
「最近、子どもから体臭のことを言われた」
電車通勤や会社などで「もしかしたら、クサいと思われてるかもしれない」
そんなお悩みをお持ちの方も多いと思います。
中には「デオドラントでニオイケアをしているから大丈夫!」という人もいるかもしれませんが、それ本当に正しいですか?
スメハラになってませんか?
など考えなければいけないことはたくさんありますが、大丈夫です!加齢臭の原因や発生機序を正しく理解し正しい対策を取れば、予防することができ、加齢臭で悩むことはなくなるでしょう。

加齢臭の脂クサいにおい原因は「ノネナール」だった

平成11年に「資生堂」が、加齢と共に発生しやすくなる原因物質「ノネナール」を見つけ発表しました。
このノネナールから発っした体のニオイを「加齢臭」と名付け、一般的に使われるようになりました。
この物質は脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって発生します。
そして40歳位で酸化に対する抑制力がどんどん低下し、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えていきます。。
加齢臭は「古いてんぷら油」「蝋」「ポマード」の様なニオイと例えられますが、それは酸化した体の脂のニオイなのです。
男女差は女性に比べ男性の方が皮脂腺の動きが活発なため、原因になるノネナールがどうしても発生しやすく、ニオイやすいのは本当です。
それに加え女性ホルモンには、酸化を防ぐ作用があるので加齢臭を減らしてくれます。
ですが加齢臭は人間が生きていれば、誰でも平等に出ます。
このノネナールは、生活中の食べることとストレス、運動不足によって大きく影響を受けます。
食では欧米型で肉中心野菜嫌い晩酌大好きというタイプ。
ストレスでは、喫煙し紫外線によく当たりせっかちな性格これらは増加させる原因になります。

しかし、体臭の正体はこれだけではなくミドル脂臭(ジアセチルという有機化合物で頭頂部から多発)や整髪料の香料・汗臭(3つの汗腺類からの分泌物が皮膚常在菌によって分解されて発生するニオイ)などが混ざった「複合臭」が最終的に体臭として臭うからなのです。
しかし、加齢臭を防ぐことで「嫌な体臭」から「普通の体臭」にすることが重要なのです。
なので次の項で対策と予防をしていきましょう。

具体的な加齢臭予防と対策2つ!

では具体的にどんな事をしたらよいのでしょうか?
その答えは大きく内と外の2つに分けることができます。
内とは自分の体を作る生活習慣ですね。
ストレスをできるだけ減らし、運動不足を解消し、和食中心にした食事に切り替える、
これらが内いわゆる基礎の部分に対する対策であり予防になります。
しかし、欠点もあります。
効果が出るまでに、時間がある程度掛かることです。
ですが安心を、外での対策と予防は即効性がありますので安心してください。
ここでいう外とは、「皮膚」のことを指しています。
ポイントは皮膚を清潔にするということです。
皮膚上の余分な皮脂や他のニオイ物質を、洗い流すことが効果がある方法です。
特にノネナールの皮脂が多い場所を丁寧に洗い流すことが重要です。
多い部分は頭皮、おでこから鼻のTゾーン、耳の後ろ、胸、ワキ、背中、おへその周辺、陰部などです。
このように皮脂の分泌が多い所を丁寧に洗えばよいのです。
さらに現在は加齢臭用のボディソープや石鹸があるのでそれを使えば、まさに鬼に金棒です。
ただし注意点がいくつかあります。
脂は少なすぎても、肌の状態を悪くするので丁寧に洗うこと、ゴシゴシと強く洗い過ぎると逆効果です。
ボディソープの選定もしっかりしなければいけません。
価格が安いに越したことはもちろんありませんが、対加齢臭用に作られている物は他のボディソープと比較して、値段は少々上がりますが、やはり加齢臭専用のものはしっかり考えて作られている物が多いですしかし、効果が微妙なのに値が高い物が紛れているのも事実です。
なのでよく見てしっかりした物を選びましょうでは、ボディソープを選ぶ際のポイントですが洗浄、殺菌、消臭、保湿の4つの要素がバランスよく入っている物をチョイスすることです。
基本的に洗浄はボディソープですからどれも大丈夫でしょう。
保湿に関しても乾燥させないことが重要です。
なので大きくは殺菌と消臭に焦点をあて選びましょう。
他の要素の良い成分の一例ですが、イソプロピルメチルフェノール 、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリフェノール、ヒアルロン酸ナトリウムのようなもの、自然由来の成分カキタンニンやカテキン、ミョウバン、ユーカリなどは体に優しく安心して使えさらに効果まであります。
これらに注意をして選びましょう。

考えるのはここまであとは行動(対策と予防)するだけ!

加齢臭は男女平等に歳を重ねれば誰でも起こるものですので、敵を知り己を知れば100戦危うからずです。
ニオイに勝たなくても良いのです。
人間生活していれば無臭ということはないのですから。
でも歳だから仕方ないとは思わず、なぜニオイがするのか?自分の体臭は大丈夫なのか?と自問自答することが大切です。
エチケットとして加齢臭の対策・予防を行うようにしましょう。
すぐに始められ効果が出る専用のボディソープや石鹸を使うことから始めましょう。